MOTOMACHI
RADIO
SHOW 1
元町レディオシヨウ・其壱
MotomachiRadioShow1
start:2005.04.08
author:MOTOMACHI 24Ken
LINK FREE

[0144] 2007.01.24(wed) [マメ] 仰々

MAME 以前言ったことがあるが、更新してもしなくても訪問者数はあまり変わらない。訪問者の96%は、文字を読む前に帰ってるので当然といえば当然だが。
NARU 96%の根拠は?
MAME なんとなくだ。
NARU やはりそうか。
MAME とは言えあまり長い間放っておくと、どんどん書くのが面倒になるのでこうして出てきてあげた訳だ。
NARU 威張っちゃ駄目だ。
----
MAME 「どうでも良いことをやたらと仰々しく書く日記」というのはどうだろう?
NARU 毎度の事だが、どうだろうって言われても困る。
MAME 文字装飾を多用して、感嘆詞がやたらと多い日記は大抵そうなんだけど。
NARU 懐かしいな、そういう日記サイト。
MAME 最近見なくなったのでそろそろ狙い目かなと思った次第だ。
NARU 考えが浅ましい。
MAME ただし、俺だって腐っても納豆だ。あくまで文字装飾は使わず、「ぎゃー」とかも言わずにやってみたい。
NARU 腐っても じゃなくて 腐ったら だな。
MAME 時事問題をあざとく取り入れてみた。
NARU (そういえば、俺は腐ったらただの腐った加工食品だなあ…。)
MAME 例えば「今日は朝から曇りがちの天気だ。降水確率は70%とかなり高めなので、自転車を置いてバスで通勤することにしたのだが、傘を持ってくるのを忘れてしまった。」という日記があったとしよう。
NARU 誰が読むんだそんなもの。
MAME 日記ってそんなもんだ。
NARU MRTだけじゃなかったんだな。
MAME これが仰々しい日記だとこうなる。「朝だ。今日も朝が来た。昨日と同じじゃないか。いや、一昨日も一昨々日もそうだった。きっと明日もそうだろう。とにかく朝だ、起きなければいけない。俺は重い瞼をこじ開けた。瞼の筋肉が悲鳴を上げるがかまうもんか。苦労してこじ開けた瞼の下から現れたのは、なんと俺の瞳だった。といっても俺は俺の瞳を確認することはできないのだが」
NARU ちょっと待ってくれ。そんな感じでずっと進むのか?
MAME そうだ。なんせ仰々しい日記だからな。「俺の瞳は、ぼんやりと窓の外の風景を捉えた。何と言うことだ、こんなことが許されるのだろうか?空は灰色の雲に覆われているではないか。これが俗に言う曇り空というやつか。俺が何をしたというのだ?税金だってちゃんと払ってるぜ。仕方なく俺はテレビのリモコンを手にして電源スイッチを押した。浅黒い顔の男が今日も何かを訴えている。この国は様々な問題で大変なことになっているらしいが、俺はそんな低俗な問題に興味はない。そんなことより今日の天気だ。この雲はどうなるんだ?その答えを求めてチャンネルを変える。こんなことってあるんだろうか?物凄い偶然が起きた。俺が住んでいる地方の天候を告げる天気予報が放送されているテレビ局がすぐに見つかったのだ。俺は気象予報士のお姉さんにありがとうとつぶやいて、食い入るように今日の天気を調査した。そして3秒後俺は全てを呪った。そこには残酷な結果が待っていたのだ」
NARU もういいんじゃないかな?大体解ったし。
MAME 俺もそろそろ止めて欲しいと思ってたところだ。
NARU あれだけ長々と語って、あの何も言って無い短い日記の1/3くらいしか無かったぞ。
MAME 多分、あの調子で行けば後半はもっと冗長になるだろうな。
NARU 想像しただけでうんざりだ。
MAME とにかく、こんな感じで皆様のつまらなくて平凡な一日を物凄い文字数で綴ってみてはいかがでしょうか?というのが今日の提案だった訳だ。
NARU 豆に言われる筋合いは無いと思う。
固定リンク

<< 古 | TOP | 新 >>
更新情報
<最終更新>
2018.03.05(mon) 19:39

<最近の話題>
蒲団
ハンカチ
椅子
鼠祭
セブン
史跡
免罪符
バニー

申し送り
過去の記録