MOTOMACHI
RADIO
SHOW 1
元町レディオシヨウ・其壱
MotomachiRadioShow1
start:2005.04.08
author:MOTOMACHI 24Ken
LINK FREE

[0192] 2008.10.02(wed) [マメ] ポスカ

MAME で、ポスカの話だったな。
NARU でって。
MAME グリコからポスカって名前のガムが出てて、三菱鉛筆の水性ペンでも同じくポスカってのが昔からあるんだけど特に問題はないんだろうかって話だ。
NARU どうせネットで調べるんだろ。
MAME いや、今回は憶測だけでいろんな可能性を列挙してみようと思う。正解にたどり着くのが目的ではなく、可能性の隙を突いて突拍子も無い説を考えてみたい。
NARU 誰の役にも立ちそうもないな。
----
MAME で、真っ先に思い浮かぶのは「1.そんなガムもペンも存在しない」だ。つまり、問題自体が嘘であることを疑おうって話だ。
NARU それが最初か。
MAME いや、これはこれで馬鹿にできない。特にフィクションの中においては、例えば「コケコーラ」という商品を出しておいて、読者に「これは実際にある商品名に配慮して一文字変えてあるのだな」と思わせ、そのフィクションの中においても「コケコーラ」等という商品は存在しないというテクニックを見たことがある。
NARU だったら「2.ここまで読んだんだけど、実際に見たことあるから存在しないって事は無いだろって思った人の記憶が改竄されている」もありだな。
MAME おう、「3.その人自身も実際は存在していなくて、実は仮想現実の(後略)」ってのもありだ。
NARU そろそろ方向修正しないか?
MAME そうだな、さすがに馬鹿みたいだ。
NARU 真っ当な方向に戻すと「4.商品の種類が違うので、同じ名前でも問題ない」という説もありうるな。
MAME 「5.問題があるんだけど、三菱鉛筆サイドがスルーしている/もしくは気付いていない」というのは可能性が低そうだ。
NARU 「6.グリコが三菱鉛筆から許可を得たり対価を払っている」というのはどうだろう。
MAME それが出たら「7.三菱鉛筆がグリコから許可を得たり対価を払っていた」という逆の説も挙げておこう。
NARU いや、順番が逆だろう。
MAME グリコが水性ペンのポスカが出る前からポスカというガムを作っていて、あるいは作ろうとしていて、ポスカって商標を登録していたかもしれない。
NARU ミステリならちょっと意外なトリックに入るな。
MAME いや、この程度じゃぬるい。
NARU そうなのか。せっかくだから「8.どちらも商標登録していない」というのも挙げておこう。
MAME そこまで出たのなら「9.グリコでも三菱鉛筆でもない第三者が商標権を持っていて、両社に許可している」という可能性もフォローしておこう。
NARU 更に言えば「10.グリコでも三菱鉛筆でもない第三者が商標権を持っているのだが、両社が気付いていない、あるいは無視している」というのもあるな。
MAME また少し捻った方向に逸れるが「11.よく見ると同じ名前じゃない。例:片方は『ポス力(りょく)』」というのはどうだろう。
NARU 問題になると思う。
MAME あ、それでひとつ思いついた「12.今、揉めている」。
NARU そっか、問題が発生していないということを勝手に前提としていたな。
MAME あと「13.グリコと三菱鉛筆は同一の会社である」という可能性も押さえておきたい。
NARU それは無いと思うが。
MAME 他にもあると思うが、とりあえず常識的な範囲ではこんなところかな。
NARU 常識的な範囲からは結構逸脱していたと思う。
----
MAME ところで、こうやっていろんな可能性を地味に網羅して地味に事件を解決する「普通探偵」というのはどうだろう?
NARU 詳細を検討するまでも無くつまらないと思う。
固定リンク

<< 古 | TOP | 新 >>
更新情報
<最終更新>
2018.03.05(mon) 19:39

<最近の話題>
蒲団
ハンカチ
椅子
鼠祭
セブン
史跡
免罪符
バニー

申し送り
過去の記録