logoMOTOMACHI レディオショウ 2004.08 (前半)
最新のマメ

MOTOMACHI

Radio Show
こんなのをやってます
コキール読もうぜ
basil jams
MRS
GUZZLING
ウクレレ弾こうよ
MRT
not a text site.
infomations
本サイトの概要
登場人物紹介

[RSS]
LOG
2002年
02月 前 /
03月 /
04月 /
05月 /
06月 /
07月 /
08月 /
09月 /
10月 /
11月 /
12月 /

2003年
01月 /
02月 /
03月 /
04月 /
05月 /
06月 /
07月 /
08月 /
09月 /
10月 /
11月 /
12月 /

2004年
01月 /
02月 /
03月 /
04月 /
05月 /
06月 /
07月 /
08月 前 /
09月 /
10月 /


QRコードではありません。
<前の半月分 | 次の半月分>

2004.08.01 (sun)

全然効果無いの。 マメ君 [832] 新製品シリーズ:ブルーレット腰くだけ

mame今日は、このサイト随一の人気コーナー、マメ休みです。
naru揺るぎない人気だな。
mameそういえば、先日もこんなお便りを頂いた。「マメ君、カマボコ君こんにちは。私MRSを毎週楽しみに読んでる高校生です。(中略)ところで最近、マメ休みが少ないですね。私はマメ休みが大好きなので少し寂しい気がします。全部マメ休みにしろとは言いませんが、3回に1回の割合でも良いのでマメ休みを増やしてください」
naruこころ暖まるお便りだな。
mame俺も期待に応えたいのは山々なのだが、マメ休みばかりを続けると飽きられるのは目に見えてるので、抑えるようにしているのだ。
naru気楽にやってるようで、結構たいへんなんだな。
mameそう、今回もこうやって軽妙なおしゃべりを交えて、マメ休み感を薄めているのだ。
naru本当に鈍くて申し訳ないんだけど、軽妙なおしゃべりだったとは気づかなかったなあ。

2004.08.02 (mon)

焼いて食べるのかなあ マメ君 [833] 新製品シリーズ:ポッキーイチゴ鯵(イチゴクリームでコーティングされたアジの口にポッキーが入っている)

mame自転車操業という言葉があるだろう。
naruある。
mame自転車は走ってないと倒れることから、常に借り入れと返済を回してないと倒れる(倒産する)ような経営状態を指すのだが、それだったら現在のかなりの割合の企業が自転車操業だと思わないか?
naru「かなりの割合」は大げさかもしれないけど、普通によくある会社だろうな。
mameそもそも「走ってないと倒れる」のならバイク操業でも良いだろう。
naru聞いたこと無い言葉だ。
mameバイクの場合は燃料を入れないと走ることもできないと言う点で、より適切な言葉かもしれない。
naruなんか強引だなあ。
mameもしくは、エンジンに似てるような気がする。吸気-圧縮-爆発-排気 のサイクルが借り入れ-稼働-入金-返済 のサイクルみたいではないか。
naruでも、エンジン操業と言うとなんだか馬力がありそうな感じしかしないぞ。
mame2サイクルエンジンのことはとりあえず忘れるとして、バイクはエンジンを積んでるから、その二重の意味で「バイク操業」の方が、現在自転車操業と呼んでる状態に近いのでは無いだろうか。
naru自転車はスピードを落としたときのよろよろした感じが雰囲気に合ってるのでは?
mameそれはかなり危ない状態の自転車操業だな。あと、バイクも自転車もそうだけど、「止まったら倒れる」というけど、普通止まったら足をつくから倒れないだろう。
naruそもそも二輪車が倒れるのは止まるからじゃないよな。
mame実際に倒れるときはそうだ。ただ、止まるまで何もしなかったら倒れるのも事実だ。
naruつまり、自転車操業というのは止まらないようにするにはこぐことしかできない経営状態ってことだな。
mameそして、止まっても足をつかないような経営状態だってことだ。
naru全然解らないけど、何かを喩えたような気分にはなったな。

2004.08.03 (tue)

シュール君の説明は省略 マメ君 [834] 新製品シリーズ:シークレット・シュール(服の袖にシュール君が隠れている)

mame今日は久しぶりに、マメ名曲ギャラリーをやってみよう。
naruものすごい久しぶりだな。
mame前回やったのいつだっけ?
naruうーん。思い出せない。
mameさるさる日記でやってたときだったかもしれないな。
naruていうか、こうやってしつこく言うから嘘だってばれるんだと思うぞ。
 ----
mameマメ名曲ギャラリー第1回は、井上陽水の「御免」です。
naru一応データらしきものを挙げておきます。「御免」は1975年にアルバム「二色の独楽」からのシングルカットされました。オリコンでの最高順位は29位と低めでしたが、「二色の独楽」は他に「夕立」「傘がない」「ロンドン急行」など名曲が多く、1974年にアルバムチャートで10週連続1位となりました。同じ年にシングル「青空、ひとりきり」も発売されています。
mame「御免」は一言で言うと「友達が家に遊びに来たんだけど、本当に何もなくて謝ってる」という歌です。
naruまず、歌の題材として現在では取り上げられにくいシチュエーションですね。
mame多分当時としてもかなり特異な題材だったんじゃないかと思います。これが「何もないけど楽しいよね」とか「もてなしはできないけど気持ちは伝わる」といったごまかしで安っぽい共感を呼ぼうという歌だったら存在したかもしれません。
naruこの歌は、そういったフォローも全然ないんですね?
mameそうです。そういう下品で助平な歌ではありません。
naruでは、ひたすら謝っているだけなんですか?
mameいろいろと詫びた挙げ句「あなたも運の悪い人だ」とまで言ってます。
naruあんまり謝ってる感じがしませんね。
mameそうかもしれません。まず出だしが「何にもないけど水でもどうです」ですから。
naru帰れって言ってるような気もします。
mame京都の人だってそんなこと言いません。その後「せっかく来たのに 何にもないので 御免」と言ってますが、どう考えても謝ってる態度ではないです。
naruその後、どう展開するんですか?
mameいや、だいたいこんな感じです。テレビも壊れてるとか、奥さんが里に帰ってるので料理も出せないけど目玉焼きくらいなら作りますよとか、そんな感じです。
naruなんだか、帰らない友達の方が悪いような気がしてきました。
mameもちろん批難している雰囲気はありません。淡々としてます。
naruつまり「せっかく来てくれたのに何にもなくてごめんなさい。あなたは運が悪い」という事しか言ってない。オチも当然ない。そんな歌なんですね。
mameあ、そういえば、感謝もしてます。よく来てくれたありがとうありがとうって。
naru焼け石に水ですね。
 ----
mameマメ名曲ギャラリー第1回、いかがでしたか?次回をお楽しみに。
naru多分、あと2回くらいやって、飽きて、自然消滅だと思います。

2004.08.04 (wed)

たくさんのってところがネックだ。 マメ君 [835] 新製品シリーズ:チヨ・ガール(たくさんの奥村チヨが応援をする)

mame「実は私は…」と言うことで注目を浴びたいという願望は、それほどおかしなものではないと思うがどうだろう?
naru面倒なので先に確認しておくけど、「『実は私は…』と言う人は注目を浴びたくて言ってる」という話ではないよな?
mameもちろんだ。むしろ、特に変わった経験や趣味がないので「実は私は」と言えない人の願望だろう。
naruいろいろややこしいので、あくまでその方向で話を進めてくれ。
mameで、何も材料が無いけどどうにかしたい人は「霊感があるんです」に走るって話はさんざん話したと思う。
naruもともと情けない連中をそこまでいじめることないだろうってくらいこき降ろしたな。
mameそんな、幼稚でクルクルパーみたいな手段を使わなくても、もっと良い方法がある。
naru事件を起こしてしまうのか?
mame「実は私は…」と言いたいために事件を起こすというのは、動機としてちょっとだけ新しいような気もするけど、今回はそんな方法ではない。あと、これは実際に良くある方法だけど、嘘をつくという方法でもない。
naru「霊感があるんです」嘘の代表格だな。
mame俺が薦める方法は「どうでも良いことをぶっちゃける」だ。
naruなんだそれは?
mame「実は私、靴のサイズが25.5cmなんです!」とか「実は私、好きな色は青なんです」とか、どうでも良いことを重大発表するのだ。
naruそれに何の意味があるのだ?
mameまず、宣言することで注目を浴びるだろう。
naru確かに浴びるけどそれは、宣言の内容じゃなくて「こいつ、本当は馬鹿だったんだ」あるいは「こいつ、本当に馬鹿だったんだ」という注目だろう。
mameこの際、質は問わないで欲しい。
naru海老名みどりのミステリ作家宣言くらい馬鹿にされる覚悟が必要だな。
mameあれだって、結果として海老名みどりが何て本を書いたかは全国で3人くらいしか知らないけど、宣言して失笑を買ったことは何万人も覚えているだろう。
naru別にそうまでして注目を浴びたいとは思わない。
mame通常はそうなんだけど、「霊感」とか存在しないものまで持ち出してでも注目をされたいという、いわばそういう病気の人も居るわけだから、無碍に「注目されることに意味はない」などと切り捨てるのは良くないと思うのだ。
naruだから、そういう人は霊感でもお化けでも良いだろう。大抵の人は、同情して温かい目で見守ってるぞ。怖がったり、感心してあげてるじゃないか。
mameそれもそうなんだけど、もう少しバリエーションを増やしてあげても良いじゃないか。注目されたい可哀想な人の取る方法が、低俗な嘘をつくだけってのは余計可哀想だろう。
naru間抜けな宣言をして失笑を買う事だって充分に可哀想だと思うが。

2004.08.05 (thu)

マメ君 [836]

mame諸般の事情により、3日程おやすみさせていただきます。
naru8/8には再開できることと思います。

2004.08.06 (fri)

マメ君 [837]

mame諸般の事情により、3日程おやすみさせていただきます。
naru8/8には再開できることと思います。

2004.08.07 (sat)

マメ君 [838]

mame諸般の事情により、3日程おやすみさせていただきます。
naru8/8には再開できることと思います。

2004.08.08 (sun)

製品じゃないな。 マメ君 [839] 新製品シリーズ:事由の女神(言い訳を司る女神)

mameマメ名曲ギャラリー第2回は、ボ・ガンボスの「魚ごっこ」です。
naru例によってデータを。この曲は、1987年にローザルクセンブルグを解散した どんと が翌1988年に結成したバンド、ボ・ガンボスのデビューアルバム BO&GUMBO に収められています。
mameこの曲を選んだのは間違いだったかもしれません。
naruいきなりそんなこと言われても…。
mameもう、聴けば「最高!」か「何これ?」のどちらかの反応しか無いんじゃないかと思います。
naruつまり、説明をする意味があまりないと?
mameそう。先に言っておきたいのですが、おそらく「何これ?」という人も少なからず居ると思いますし「そんな人とは話が合わないから、音楽のことはしゃべらない」と言う気はまったくありません。
naruよくある「○○の解らない奴とは、趣味が合わない」というパターンじゃないと言うことですか。
mameはい。あまり良い事じゃ無いと思いますが、その手の決めつけをしてしまう傾向が自分を含めて多くの人にあることは認めます。ただ、この曲はそれとはちょっと違うような気がします。
naru嵌り具合と他の要素との関係があまりないと言うことかもしれませんね。
mame極端な話、中島みゆきが好きだというアンチ音楽派の人なんかでも、もしかしたらこの曲が気に入るかもしれません。
naruそれはそれで不快ですが、それを止めることは誰にも出来ませんね。
mameええ、残念ながら。
naruあんまり、解説できないとばかりも言ってられませんので、少しは曲の内容にも触れてください。
mameじゃあ少しだけ。この曲はまず「魚じゃないと やってられないよ うー ポリポリポリ」という歌詞で始まります。
naru「ポリポリポリ」は何を意味してるんでしょう?頭をかく音だとしたら、その時点で魚じゃないです。
mame良いんです。「魚ごっこ」なんですから。
naruでも魚になりきれてないですよ。もしかしたら、人間はいくら魚ごっこをしても魚にはなりきれないという歌ですか?
mame全然違います。このあと「魚になって お水に住んで いい気持ち」と続き、更に「魚なんだから ウォウォウォ ウォウォウォ 文句言わせない」と言ってます。
naruあ、文句言わせてくれないんですね。魚だから、仕方ないような気がしてきました。
mameそして「それでいいや ウォウォウォウォ 遊ぼうよ 魚ごーっこ」と来ます。
naru何となく解ってきました。確かに解説のしようが無いですね。魚ですから。
mameええ、魚ですから。
naru訊くまでもないと思いますが、このまま大きな展開はなく最後まで魚なんですね。
mameもちろんです。最後は「魚 魚 魚ー あうあうあうあうあ」で終わります。カン○クみたいですね。
naruすみません。申し訳程度に伏せ字にさせてもらいました。
mame3。
naruやめてください。
 ----
mameマメ名曲ギャラリー第2回、いかがでしたか?次回は椎名林檎様の曲で行きますよ。
naruマメが言うには、ファンには真ん中ストレートだけど、そうでもない人にはちょっとだけ意表をついた曲らしいです。

2004.08.09 (mon)

鉄じゃ駄目だってことに早く気付け。 マメ君 [840] 新製品シリーズ:鉄人28万号(試作しすぎ)

mame「ジャン・ケン・ポン」の代わりに「ジェン・キン・ス!」はどうだろう?
naruそろそろ、愉快なジェンキンスファミリーの話も飽きてきたな。
mameジャンケンと言えば、谷亮子の怪我は思ったより深刻らしいな。
naruそのようだな。ジャンケンとは全く関係ないけど。
mame長嶋も高橋尚子も出ないことが確定した上に谷亮子も出ないことになるとはなあ。
naruいや、まだ決まってないから。
mame悪いけど、ていうか全然悪いと思ってないんだけど、笑っちゃうな。
naruスポンサー企業とか広告代理店の事を考えると、笑っちゃう気持ちは解からなくもないけど、ここでざまみろとか言うと辛口ちゃんみたいでみっともないぞ。
mameそうか。じゃあやめて置こう。辛口ちゃんほど見苦しい存在はないからな。
naru「自称辛口」も「辛口だと言われるとムキになって否定する辛口」も本当に見苦しい。
mame軌道修正しよう。
naruおう。
mame代わりに、ジェンキンスファミリーがオリンピック出るのはどうかな?
naruあんまり軌道修正されてないなあ。
 ----
mame短かったのでもうひとつ。薬とか栄養ドリンクってカタカナ+アルファベットの名前が多いだろう。
naruオロナミンC、リポビタンD、アリナミンA みたいな名前だな。
mameこれを数字にしてみたらもの凄く駄目になる。オロナミン3、リポビタン4、アリナミン1。
naruこの駄目さ加減は、単に見慣れないからじゃあないな。せめてローマ数字にしてみたい。オロナミン-III、リポビタン-IV、アリナミン-I。
mameやはり変だ。あまりぱっとしない王様みたいだし。
naruあはははは、オロナミン三世って読むんだな。
mameでも漢字よりはましじゃないかな。オロナミンの檻、リポビタンの理、アリナミンの宴。
naruきっと分厚い瓶に入ってるんだろうな。

2004.08.10 (tue)

今まで必要としてきたのか マメ君 [841] 新製品シリーズ:タンスのいらないマリック

mameそう言えば、(爆)とか(謎)とか見なくなったな。世界は確実に良い方向に向かっているようだ(耳)。
naru単に飽きたんじゃないかと思う。あと、お前みたいに意味もなく嫌う奴が居るのも原因の一端ではないか?
mameだとしたら(笑)が減らないのはおかしいし、wに至っては増加傾向にある(柚)。
naruあれを仕事のメールで使われるともの凄く腹が立つな。
mameあの幼稚な巨大掲示板にどっぷり漬かってる人だと思うことにしている(床)。
naruwくらいでそう思われる方もたまったもんじゃないけど、自業自得だ。
mameまあ、そういう人は他にもたくさん使うからな(添)。
naruそろそろ本題に入ったらどうだ?
 ----
mameものすごく大雑把な括り方だけど、天才と秀才だと天才の方が人気があるだろう。
naru特に自称「庶民」にそんな傾向があるな。天才の人気があるというより、秀才を嫌ってるんだと思うけど。
mame天才が好かれる理由はとりあえず考えないことにして、秀才が嫌われるのは何故だろう?
naru「秀才は自分と同じスタートラインに居た」と思うからじゃないかと思う。
mameあ、なるほどね。「自分と同じレベルだったのに、なんか色々とせこいことをやって、別の世界に行った挙げ句、自分を見下している」という考え方だな。多分、せこいことってのを「努力」と呼ぶのが悔しいんだろうな。その手の一生負け続ける事が約束されてるような奴が居るであろうことは容易に想像できるな。
naruいや、そこまでの下卑た考え方じゃなくて、「自分と同じスタートラインに居た」人は何をするか想像しやすいから面白みがないという程度の理由かもしれないぞ。
mameそのくせ「自分と同じスタートラインに居た」人のした事に対して、自称「庶民」が大好きな「人間味がある」という評価をしないんだから不思議だ。
naru「人間味ある」ってラベルは、失敗が絡まないと貼りたくないらしいぞ。
mame豆である俺が言うのもアレだが、本当に小せえ奴らだな。
naru自称「庶民」って、ひがんでなんぼの世界だからなあ。
mameついでにいうと、スポーツの世界では一転して秀才が大人気だ。
naruそうか?
mameだって、身体的能力の足りない部分を努力でカバーした選手ほど好かれるだろう。
naruなるほど。彼らは秀才だったんだ。
mameもの凄い秀才だと思うぞ。
naruその見方で言えば、スポーツでは秀才ほど「人間味がある」という評価がされるな。
mame多分、「同じスタートラインに居た」と思わないからじゃないかと思う。
naru小さいなあ。
mameもうひとつ、プロスポーツの世界で「他の人より努力が必要」という段階で、既に一度失敗しているように見えてしまうのではないだろうか。
naruいや、本当に小さいなあ。

2004.08.11 (wed)

マメ君 [842] 新製品シリーズ:センスのいらないトリック(新製品じゃないけど)

mame今日はマメ休み with C。
naruなんだよ、with Cって。
mame小ネタ付きって意味。
naru思いっきり下らないな。
 ----
mame本州の外に住んでるからかもしれないけど、栃木という県は極端に情報が少ないと思わないか?
naru関東の他の県に比べると地味だな。名所、言葉、食べ物、有名人のどれも思い浮かばない。
mame関東に限らず、本州の他の県と比べても特徴が無さすぎるような気がする。関東以外の人は、どこにあるかすら解らないのではないだろうか?
naruいや、そこまで地味じゃないだろう。
mame関東地方の白地図に県境だけ引いてあって県名を書き込むという問題に正しく答えられる自信があるか?
naru俺は、ひらがなで良いなら、多分大丈夫だと思うけど…。
mameとにかく、これからは栃木だ。特に本州以外の島に済んでいる人にアピールする地味さがあるような気がする。
naru地味さに惹かれるという人はそれほど多くないと思うが。

2004.08.12 (thu)

もうどうでも良い。 マメ君 [843] 新製品シリーズ:ダンスのいらないモロッコ

mame昨日のは小ネタと言っておいて結構引っ張ったな。
naru自分でも悔しいのだが、地域性に関する話をするとなぜか盛り上がってしまう。
mame俺自身の傾向なんだが、ものすごい田舎とか、都会なんだけど地域性の意識が強すぎるところというのは面白みを感じない。
naru「地域性の意識」というより「あこがれとほとんど等しい中央への対抗意識」だな。
mameまあ、昔話なんだけど、元町が大阪の難波の小さい飲み屋で飲んでたら、奥にいたおじさんが「店長、この店は東京の人も来るようになったようだね。僕はがっかりしちゃったよ」と苦々しい顔で言ったらしい。
naruあははは、道民なのに。
mameそしたら店長が「こちらの方たちは、北海道の人ですよ」と言ったものだから、そのおじさんの態度は急変して「ごめんなさい。僕、勘違いしちゃいました」と謝って、ビールを奢ってくれたとのこと。
naruいい人だなあ。
mameつまり、首都圏に対しては対抗意識があるけど、それ以外の地方は仲間だと思ってるんだと思う。もっと言っちゃうと、対首都圏連合のリーダーを自認していると思う。
naruよしよし、良く来たなって感じかもしれないな。
mame中央へのあこがれってのは、中央となっている土地そのものへのあこがれでなくて、そこが中央であることへのあこがれなんだと思う。悪く言うとやっかみなんだけど憎めない。
naruだから、最初から中央となり得ないところは、あこがれないし対抗意識も持たないわけだ。
mameさっき挙げた大阪だけじゃなくて、独自の文化が発達していてそこそこの人口があればそういった対抗意識は芽生えてると思う。
naruそういうところは、既にサブディレクトリの中央だからな。
mame札幌はそこそこの人口がありながら、そういった中央に対する対抗意識が希薄なのは歴史が浅くて独自の文化がそれほどないのと、卑屈で懐疑的な性格に起因していると思う。
naru性格の事を豆に言われる筋合いはないと思うけど。
mameじゃあ、良い意味で卑屈。クリエイティブな方向で懐疑的。
naru余計こじれるだけだ。
mame長くなったので「どういう土地が面白そうか」って話は明日にでも。
naru俺が「中央への対抗意識」の話を引っ張ったのが悪かった。ごめん。

2004.08.13 (fri)

誰が? マメ君 [844] 新製品シリーズ:ブルーレット泣くだけ

mameで、昨日の続きだが。あまり興味がないと言った場所は、既に情報をある程度持っているので、行ってみたいという気にあまりならないのだ。
naru多分、行ってみたらそんな事を忘れて楽しめるんだろうけどな。
mameもちろんそれはそうなのだが、観光として行ってみたいところじゃなくて、特に目的も持たずにぶらり一粒旅に出かけてみたい場所となると、やはりこれと言って特徴のないどうでも良い土地が向いているのではないかと思う。
naru俺はそのぶらり一枚旅をしたことがないので、良く解らないのだが、そういう土地に行って何をするのだ?
bokoナルトの場合一枚とみせかけて一本だったという可能性もあるな。俺もそうか。
mameいや、俺もないんだけど。
naruなんだ。やはりあれか?普通に地元住民みたいに過ごしてみたいのか?
mameそれもまたちょっと違う。やはり観光ぽいことをやってみたいのだ。
naruだって、わざわざ特徴のない場所を選んだんだろう?
mameいや、どんな中途半端な土地にも ゆるい名所 とか ぬるい名店 があるに決まってるのだ。そこを見てみたい。
naru微妙すぎて全然良さが解らないな。
mame例えば、琴似で言えば屯田兵村兵屋を見学するのだ。
naruつまらなそうだなあ。
mameそんな旅がしたい。日帰りでもいい。
naru地下鉄とかバスで市内の普段は縁が無いような所に行けば味わえるんじゃないのか?
mame市内や近郊だと、たとえ初めての場所でも普段の暮らしの延長に過ぎないので駄目だ。やはり「よその土地」という感じは欲しい。
naru気ままな旅と見せかけて、結構難しいんだなあ。

2004.08.14 (sat)

形が マメ君 [845] 新製品シリーズ:ブルーレット紅テングダケ

mame何だマメも結局はただの「僕ってひねくれ者?」野郎だったのかと言われるかもしれないが、あえて言ってみようと思う。
naruまた、変なカミングアウトをする気だな。
mameオリンピックで男子サッカーと女子ソフトボール、日本チームはどちらも初戦を落としただろう。
naruどっちもスコアは接戦だったけど、内容的にはちょっと今後が不安な試合だったな。
mameあのとき何故かちょっと嬉しかったのだ。
naruお、君ってひねくれ者?
mameちょくしょう。いつもなら「残念だなあ」くらいは思うんだけど、今回は何か面白くなりそうな気がして、それで嬉しいと感じたんだと思う。
naruあ、それでも、普段は「残念」くらいは思ってたんだ。
mame一応思ってた。ただ今回は残念て思う前に「おっ」ってのが来たって点が違う。
naruその違いはどこから来るんだろう?ただ単に以前より偏屈になったからか?
mameそうかもしれないけど、どちらかというと、「ニッポンがんばれ!だけどそれほど強くない」という状況から「ニッポンがんばれ!しかもそこそこ強い」に変わって来たのが原因じゃないかって気もする。
naru要は強くなってきたからか?
mameそれはそれで悔しいな。20年前の何のひねりもないアンチ・セントラルリーグと同じだ。
naruでもそんな感じじゃないのか?
mameいや、なんていうのかな。スポーツの観戦なのに妙に安心してるのが気にくわないだけなんだけど。
naruあ、その雰囲気はなんとなく解る。安心して見てられる競技を作りたがってるような気がするな。
mameそう。勝ち負けが解らなくてハラハラするのを避けるために、いろんな情報をこれでもかと出そうとしてるような気がするのだ。
naruそれはすでにスポーツ観戦ではないな。
mameそんな風潮に対するいちスポーツファンのささやかな反抗なのかもしれませんね。
naruそのいい加減なまとめ方はそろそろやめにしないか?

2004.08.15 (sun)

何をするための商品だろう? マメ君 [846] 新製品シリーズ:緊急動議その前に

mameマメ名曲ギャラリー第3回は、椎名林檎様の「すべりだい」です。
naruこの曲は、1998年に発表された椎名林檎のデビューシングル「幸福論」のカップリング曲です。アルバムには収録されていません。
mame「あなたが八度七分の声を使うときは」で始まるこの曲の前半は、それほど大きな盛り上がりもなく、どちらかというと平凡な状況が描かれています。
naru前に挙げた二曲が出だしでしっかり掴んでいたのとは対照的ですね。
mameはい。とは言ってもちょっと駄目気味じゃないかなと思われる男と私の関係について、良好だった状態から、ちょっとずつ破綻していく様子が、具体性を抑えた歌詞で淡々と語られていくあたりは、さすがに巧いと思います。
naru椎名林檎の場合は感情や出来事をそのまま直接歌詞で語ることは避けて、象徴的なフレーズで巧みなラベルを付けることで、聞く人の想像力を喚起させることが多いですね。
mameそれだけだと、抽象性が高くて想像力が過剰な人にしか受け入れがたくなりそうなところを、ストーリー性のある記述を具体的のどのような場面かを説明しないで挟むことで、聞き手が自ら想像したくなるような構造を作り上げているわけです。
naruだから、ファンになるとそれぞれ独自の思い入れを持ってしまうのですね。
mameええ。例えば「すべりだい」では「冷たい秋はたった二度目でも」「お得意の嘘や詮索ごっこが」という歌詞があります。それぞれどんな事件があったのかは全く語られませんが、聞き手にストーリーが作らせるには充分なフレーズと言って良いでしょう。
naruでも、それなら他の曲でも、沢山ありますね。この曲を取り上げたのは何か理由があるのですか?
mameこの曲は最後に、この状況を私が振り返って決着を付けるのですが、その最後に大きな仕掛けが待っているという点に魅力があると思います。
naruどのような決着なのですか?
mameこの曲は、もう駄目になった直後もしくはしばらく後で、過去を振り返ってるということが、最後に「このところ悔やんでばかり居る 口には決して出せないけど 今のあたしだったらあなたと すべらずに済むような気がする」という言葉で語られています。
naru本当は今の私でも巧く行かないと解ってるのが、聞き手にも伝わりますね。
mameそれはまだジャブです。ここですぐに「許されるなら本当はせめて すぐにでも泣き喚きたいけど」と続きます。これも同様に泣き喚くはずは無いって解るだけに辛い思いが伝わってきます。
naru何だか自らをコーナーに追いつめているかのようですね。
mameでも、最後にちゃんと蹴りを付けているのがこの曲のすごいところです。辛い状況を解決する方法がちゃんと示されています。
naru最後まで絶望的なままでは無いのですね。
mameそれは微妙。解決方法は「記憶が薄れるのを待っている」なのですから。
naru劇的に消し去ったり、新しい記憶で塗り固めるのではなくて「薄れるのを待っている」しかないと。
mame弱気に見えて、薄れる過程を受け止められないと耐えきれないストロングスタイルの解決方法です。
naru何にも頼らないってのは、体力が要りますからね。
 ----
mame次回は決めてませんが、RCか中村一義で行こうかと思ってます。
naruとりあえず10回くらいは続けようと言い出してます。
<前の半月分 | 次の半月分>